製図をする時に便利!CADを導入するメリット

CADを使ってできること

CADとは、機械や構造物の設計図を書くための機能が備わったコンピューターシステムのことです。コンピューターの計算システムや記憶機能を利用することで、手書きではできない正確で迅速な製図が可能となります。CADならではの機能として挙げられるのは、レイヤーというシステムです。CADの画面はレイヤーという何層にも及ぶ画面で構成されているため、製図の属性別に層を分けて書き込むことで、書き直しなどが簡単に行えるようになります。特定の層を表示させないこともできるため、目的に応じて様々な製図をプリントアウトしたい時に便利です。倍率についても自由自在に変えることができるので、CADを使えば細かい部分の製図も楽になります。

CADによって得られるメリットとは?

CADのならではのメリットとして、手書きに比べて寸法などが正確に表現できるという点が挙げられます。ドアや窓などの雛形も用意されていて簡単に貼り付けることができるため、いちいち手書きする必要がありません。寸法についても、数字を入力するだけで希望の大きさに合わせられます。CADで製図したものを保存しておけば、必要な時にいつでも呼び出すことが可能です。一部を書き換えて新たに保存することもできるため、製図をアレンジしたい時にも便利です。メールに添付して送れば、情報の共有もスムーズにできます。正確な製図は、品質の高い製品を製造するために欠かせない条件です。CADであればそれが可能となるため、建築業界のみならずあらゆる製造業で利用されています。

パソコンを用いて電気工事の配線図面を設計することで業務の効率化を高め、大幅な時間短縮と図面製作者の支援を目的としたソフトウェアこそが電気CADです