可能性が広がる!バナースタンドのメリット

コンパクトに収納できる

バナースタンドは店舗の案内やサービスの紹介に欠かせない、設置型の広告スタンドのことです。広告スタンドといえば立て看板が知られていますが、バナースタンドにはスクリーンシートが貼られています。そして使用しない時はコンパクトにまとまるので、省スペースで収納できます。また、骨組みも軽量素材で出来ているので、簡単に持ち運ぶことが出来ます。さらに耐久性に優れているものもあり、通常の立て看板よりも長持ちする製品もあります。

温かみのあるスクリーン

バナースタンドの目的は、周囲に店の存在やイベントなどを広告するものです。持ち運びのしやすさが優先されており、軽量素材で作られていることが多いのが特徴です。貼られるスクリーンは布タイプが多く、温かみのある印象となるのも魅力です。何より布スクリーンは製造コストが抑えられるので、バナースタンドの価格も通常の立て看板より低く設定できます。また、スクリーンを交換するのも簡単で、別の広告にも利用することが出来ます。

思い通りの広告設置が可能

イベント会場や展示会のブースなどでは、壁面にパネルやポスターを貼りますが、壁面がないとブースの奥に貼るしかありません。一方、バナースタンドを使えば、壁面の有無や大きさに関係なく、思い通りの広告設置が可能です。現在、バナースタンドはインターネットから購入でき、用途に応じて種類や大きさを選べます。特殊なタイプとしては、TVのインタビューでよく目にする、大型のバックボードなども用意されています。

バナースタンドとは自立式膜看板のことを指します。のぼり旗と違います。表示内容の差し替えができるのが特徴です。