薄毛治療の基本は服薬

男性の大きな悩みの一つとなる薄毛ですが、男性の薄毛はAGAという脱毛症が原因です。

AGAは病院で治療することが可能となっていますが、この治療方法は様々なものがあります。

AGA治療の代表的なものが内服薬による治療で、フィナステリドという還元酵素阻害薬を使用します。AGAは男性ホルモンが還元酵素の働きによって抜け毛を引き起こす物質に変化することで生じる脱毛症なので、還元酵素の働きを抑制するフィナステリドなどの成分を含んだ薬を服用することで抜け毛を止めるというのが基本です。

自分の髪を自分に移植する自毛植毛

薄毛が進行してしまっている場合や、根本的に薄毛を治療したい場合には服薬ではなく自毛植毛という治療を行う人もいます。

自毛植毛は、男性ホルモンの影響を受けない側頭部や後頭部の毛包を採取し、薄毛が気になる部分に移植するというものです。移植された毛包は普通の髪と同じ様に生え変わりを続けるだけではなく、寿命は側頭部や後頭部のそれと同じなので定着すれば半永久的に効果が期待できる治療法です。

成長ホルモンなどを頭皮に直接注射

既存の薄毛治療のサポート的な役割としても効果的なのが頭皮に成長ホルモンなどの育毛成分を直接注射するという治療法です。

薄毛になってしまっている部分は成長ホルモンが不足してしまっていることが多いので、これを注射で補ってあげるという方法になります。

注射だけなので非常に手軽に治療することが出来ますし、頭皮環境を良くすることから髪にも良いので人気が高まっています。

agaの治療は病院で診察を受けてから薬を服用しましょう。通販等で購入すると思いもよらない副作用が生じます。