金属をきれいにする!?酸洗いとはなんのことか

酸洗いとはなんのことをいうのか

酸洗いとは、おもに金属表面の洗浄や金属の加工処理前の下処理、金属の表面皮膜を再形成させるために行われる処理のことをいいます。メッキや塗装、表面処理などを行う業者・業界において使用されている用語であり、その処理は専門知識と専門技術が必要となるため、素人が家庭内において行うことはまずありません。

金属表面の洗浄とはなにか

金属製品は制作時に溶接スケールや焼鈍スケール、もらい錆び、切削油分、作業時の手袋油、酸化被膜など、さまざまな汚れが付着することがあります。酸洗いとは、これらの汚れと不純物などを除去して洗浄することを目的として行います。酸洗いをすることで、素材がきれいになるだけでなく、後の研磨作業を省くことができ、製品の品質向上にもつながります。

加工処理前の下処理とは

金属を加工する方法はさまざまあり、メッキ加工や溶接加工、塗装工程などがあります。これらの加工をする前に、酸洗いをすることでメッキの密着不良が起こる可能性を低くします。油分の除去もするので、表面にメッキや塗装が密着しやすくなります。

表面皮膜の再形成とは

ステンレス製品に不導体皮膜を施すことも酸洗いといいます。皮膜が形成されると錆びに強い状態になり、製品が長く使用できる状態になります。また、皮膜を形成していると光沢が違います。

酸洗いのむずかしさとは

酸洗いは、金属を酸を使い処理することで、加工をしやすくしたりすることです。使用する酸は、金属の種類によってそれぞれ異なるうえに濃度や温度、時間を間違えるとしっかりとした酸洗いになりません。また、酸洗い後はしっかりとした排水処理をする必要があります。廃液には金属が混じっているので、そのまま処理すると大変なことになるため、専門業者が行う必要があります。

酸洗いは金属を熱処理した後に出来るスケール(酸化皮膜)や錆などを取り除くために行います。メッキ加工の密着不良を防いだりバレル研磨で光沢を出したりするのが目的で、硫酸や塩酸を用いて行います。